朝に強くなろう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

sei代表の前田です!

 

まだまだ寒い季節が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

朝活についてです!!!

今回は、朝に行うランニングについてご紹介します!

 

誰しもが痩せたい!!細くなりたい!!という事で、ダイエットのためにランニングを始める人は多いと思います。

私もその一人です。情けないカラダです。。

ランニングは特に道具もいらないので、その気になれば (これが一番難しい) 始められるエクササイズです。

初心者がランニングをダイエットに活用する場合は、走る距離よりも走る時間を重要視する方が最も効果的だと思います。

一般的にランニングの場合は距離に比例して消費カロリーが増えていきます。

したがって、長い距離を走れば走るほどダイエット効果が高くなります。

ランニングの消費カロリーの計算式はこちら↓

 

『消費カロリー(kcal) = 体重(kg) × 距離(km)』

 

 

ランニング初心者がいきなり長距離を走ろうと思っても難しいと思います。怪我したり続かなくなりますよ。

それどころか、距離を目標にして無理に走ると色んな所に負担がかかり怪我をしてしまったり、毎日辛い距離を走るので、モチベーションの低下につながりランニングを継続することが億劫になってしまいます。

 

そのため、まずは初心者は”走る時間”を目標に設定しましょう。

3km走る、ではなく30分間走る、であればその時間に合わせてペースをゆっくりにすることもできます。

20分以上ランニングを続けることで脂肪の燃焼率が高くなるという特徴はあります。

20分以上走らないと脂肪を燃焼しないわけではないですが、まずは20分以上ランニングを継続するという意識が大事になってきます。

ランニングのような有酸素運動は、運動開始後最初の20分は糖を優先的にエネルギーとして消費します。

20分経過後は脂肪が優先的に消費されやすくなってきます。

 

30分以上走り続けることを目標にしましょう!!

初心者の方は普通に走ったら30分間走り続けること自体が難しいかもしれませんが、ペースは気にする必要はありません。

まずは長時間走り続けることが大切です。難しい場合は10分でも構いません。

少しずつ走れるようになっていきましょう。

 

ウォーキングのスピードと同じスピードで走ったとしても、その消費カロリーは歩く場合の約1.6倍もあると言われています!!

ゆっくりランニングをすることはダイエット効果に繋がります。

高強度になると脂肪ではなく糖質が消費されるためです。

つまり、ゆっくりランニングをすれば脂肪を燃焼させるのにも良く、ダイエットのためにもなるということなのです。

ダイエット・脂肪燃焼が一番効果的なのは”朝”

 

眠たい朝ですが思い切って布団から出てしまえばなんとかなります!

 

体のなかにエネルギーが少なくなっている朝は、脂肪を燃やしてエネルギーにする力が大きくなります。

 

朝ランで体温を上げることで代謝が上がるため、1日のエネルギー消費量も増加しやすくなります。

朝早いうちの道路は人も少ないので走りやすいですし空気もとても澄んでいて気持ちよくランニングすることができます!!

睡眠中は約200mlの水分が汗になったりして奪われています。

水分が不足した状態の血液はいわゆるどろどろ状態となり、体内で巡りにくくなりかなり危険です。走る前にはコップ1杯程度の水分補給をし何か軽い食べ物(バナナ等)を摂取してからランニングするようにしましょう!!

 

今回は朝のランニングについてご紹介させていただきました。

是非!!朝活を取り入れて下さい!!

最後までご覧いただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする