あなたはヘアサイクルをご存知ですか?!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!

髪質改善 sei 奈良店 前田です。

髪の毛のサイクルについて

毛髪が生えてから抜けるまでを”ヘアサイクル”と呼んでおり、

大きく分けると、

細胞分裂によって髪の毛が作られる”成長期”

成長が止まり脱毛の準備をする”休止期”

毛が抜ける”脱毛期”で構成されています。

 

ヘアサイクルが一周するには4~6年ほどかかります。

毛が抜けた毛根からは再び新しい毛髪が生えることを繰り返し繰り返し行っています。

周期は毛根ひとつひとつで異なっているため、脱毛期にごっそり髪の毛が無くなってしまうことはありません。

ごそっと抜けたりした場合は皮膚科で診てもらうことをおすすめします。

 

個人差はありますが、日本人の毛髪は平均10万本程度で、

健康な人でも毎日100本前後の抜け毛があるといわれています。

 

100本というと多い印象を受けますが、髪の毛全体の0.1%程度です。

ちなみに、髪の毛は1日で0.3~0.5ミリずつ伸びると言われていて、男性は1ヶ月で1.2センチほど女性は1.5~2センチ伸びています。

このペースで髪の毛は伸び、4~6年経った時点で抜けるということになります。

毛髪の量や抜け毛の量には個人差がありますが、髪の毛の成長と脱毛のバランスが取れていれば問題はありません。

また、季節によって抜け毛の量が変化することも多いです。

 

冬毛によるものという説があります。

冬毛とは、冬の寒さから身体を守るために増える体毛の事です。(動物などは顕著にこの冬毛が生えてきます)

頭髪も多分に漏れず体毛なので、その増えた冬毛が春先になって必要がなくなり、抜け毛が増えたように感じるというわけです。

秋は夏の紫外線の影響で200本くらい1日に抜けるとも言われています

 

または、春からの新生活で新しい環境に身を投じ、大きなストレスがかかることで自律神経が乱れてしまい、抜け毛が増えるとも言われています。

 

髪の毛が頭に生えている理由

◉人間の器官のなかで最も重要な役割を担っている脳を外部からの衝撃や急な温度の変化から守ることです。

 

さらに、髪の毛のもうひとつの役割が排泄器官です。

以外と知られていないのですが

食事などから身体に摂取された不要な成分は汗や尿などによって排出されており、なかでも髪の毛は水銀や鉛などの重金属を取り込んで排出する役割を担っています。

 

このため役割を終えた古い髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛へ生え変わることにより、常に一定の毛髪量を保っています。

加齢によって新陳代謝が低下すると、

ある程度抜け毛が増えるのは自然なことですが、

※突然抜け毛の量が異常に増えた場合などは健康面、特に精神的な問題が起きている可能性も考えられるので注意しましょう

医師または専門の美容師さんにご相談ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする